DVとは何か
   DVとはドメスティック・バイオレンス(Domestic Violence)の略です。そのまま日本語にすれば「家庭内暴力」となりますが、日本で「家庭内暴力」といえば子供が親に暴力を振るうというイメージが強いでしょう。そこで、いわゆる家庭内暴力と区別するために「DV」という単語がそのまま使われています。

 DV防止法によると、DVとは「配偶者(内縁含む)からの身体に対する不法な攻撃であって、生命又は身体に危害を及ぼすもの」と定義されています。ここでいう不法な攻撃とは、直接的な暴力のことだけではありません。いくつか例を挙げてみると、生活費を渡さないなどの経済的暴力、性行為の強要などの性的暴力、悪口を言う・大声で脅かすなどの精神的暴力、他人との接触を禁止するなどの社会的暴力などが該当します。要するに、被害者がケガをしたとかしないとかの問題ではなく、被害者が「怖い」と思えばそれはDVなのです。
 
 現在、配偶者暴力相談支援センターへの相談件数は年間7万件を越え、その被害者の99%が女性です。これは被害者が相談に行ったり、第三者からの通報などで認知された件数ですから、誰にも相談もできずに苦しんでいる深刻なDV被害者がまだまだいることを忘れてはいけません。
 更に内閣府の調査によると、配偶者などから「身体的暴力」「心理的攻撃」「性的強要」のうち1つでも受けたことのある女性は約1/3に上るという結果が出ました。
 DVはもはや他人事ではすまないものになっているのです。



 
 なぜDV被害者は逃げられないか?
   DVを他人事として捉えている人のなかには、「被害者が逃げないのが悪い」などと心無いことを言う人がいます。しかし、現実はそうではありません。
 DVにはサイクル(周期)があります。このDVサイクルを簡単に説明すると、次の3つから構成されています。
蓄積期
 お金のこと、子どものこと、その他のさまざまな要因について加害者がストレスを溜めている期間で、段々と緊張が高まってきます。この間、加害者は被害者に対する否定的な点を集めて溜め込んでいます。また、物を投げたり、大きな声を出したり、小さな暴力を振るったりします。
 被害者は加害者の暴力がエスカレートしないようにすることに精一杯になり、他のことが考えられなくなることがあります。

②爆発期
 ストレスが限界まで溜まると、どんな小さなことでもDVのきっかけとなり、突然暴力が始まります。いつ爆発するかを予測するのは難しいのですが、このような関係が長い間続いていると、相手の雰囲気から爆発が近づいていることがわかるようになる人もいます。
 爆発が終わると、加害者は「ついカッとなってしまった」「反省している」などと言い訳をし、自分の行為を正当化しようとします。
 被害者は肉体的に深刻な被害を受けるだけではなく、うつ、不眠、摂食障害などに陥ることもあります。爆発が終わったあとの数日間、被害者は虚脱状態となり、助けを求める気力もなくなってしまうことも少なくありません。

③安定期(ハネムーン期)
 暴力でストレスが一時的に発散され、急に優しくなったり、謝罪したり、プレゼントをしたりします。加害者は短期間でも親切にしたり、優しく振舞うことで自分を良い人・良い夫だと思い込んでいます。また、被害者も「今度は変わってくれるはず」[暴力さえなければ良い人だ」「私が怒らせなければいい」という甘い希望を持つようになります。そしてDV関係が長くなれば、それだけ安定期は短くなっていきます。
 この安定期があることによって、被害者がいったん加害者から逃げ出しても、再びこの時期の彼の優しさを思い出して、加害者のもとに戻ってしまうこともあります。

DVサイクル
 
 DV関係に陥ると、この3つを延々と繰り返します。そしてその周期は徐々に短くなり、暴力はエスカレートしていきます。このDVサイクルによって、女性は逃げるチャンスを失ったり、自分が悪いと思い込んだり、いつかは収まると期待したり、無力感に陥ったりすることで、この関係から抜け出せなくなってしまうのです。

 また、加害者の多くは最初から暴力を振るったりはしません。付き合い当初・結婚当初は優しく良い恋人・夫だと思われています。女性は「良い人に会えた」「幸せな結婚をした」ということを友人・親などに自慢することもあるでしょう。その相手が暴力を振るう最低の男だと気付いたときに、そのことを恥ずかしいと思い、簡単には相談できないことも多いのです。更に、相手の暴力は自分に原因があるのではないかと考えてしまうこともあります。



 
   トラウマ性結びつき(トラウマティックボンディング)  
   「トラウマ性結びつき」とは、虐待の被害者が加害者に感情的に依存しがちになることをいいます。DVによって自分の価値を低く考えたり、他人との関係が壊れたり、脅しによる恐怖心などで、女性がDVの加害者を必要とするようになってしまいます。
 加害者は常に暴力を振るうわけではなく、時には優しくて良い夫となる場合もあります。長い間、暴力・虐待で苦しんできた人は、安らぎや安堵感を与えてくれる人に感謝したり愛情を持つようになります。しかし、その助けてくれる人物は残念ながら彼女を虐待している人でもあるわけです。

 なお、虐待を受けた子供も両親に対する依存度が強くなる傾向があります。また、拷問や監禁状態から開放された人のなかには、犯人に好意を抱いたり、犯人を擁護するようになることもあります。これは「ストックホルム症候群」として知られています。



 
   DVの前兆  
   多くのDV加害者は、DVを始める前に前兆となるサインを発しています。次のようなサインが表れたら、DVの危険が迫っているかも知れません。

1.以前の恋人・妻を見下す
 過去に付き合っていた女性がいかにひどい女性であるかを話す男性は危険です。特に自分が虐待(心理的・身体的問わず)の被害者だと言い張る男性は、過去にDV行為をしていた確率が高いです。

2.相手の女性(妻・恋人など)を見下す
 他人の前で女性をバカにするような発言をしたり、嫌味を言う人にも注意です。このような言動が続くと、女性は反抗するでしょう。それでも態度を変えないようであれば、DVが始まる前兆かもしれません。1と同様に女性を見下したり、人格を尊重しない行動はDVの根本といってもいいでしょう。

3.相手をコントロールしようとする
 コントロールは些細なことから始まります。服装や髪型にいちいち口を出したり、仕事や友人関係に文句をつけたりします。それがエスカレートしていくと細かいことにも口を出すようになり、命令に従わないと不機嫌になったり、不満を言うようになり、DVへと発展していく可能性があります。

4.相手の女性を束縛する
 異常な嫉妬心はDV加害者の重要なポイントです。しつこい電話やメールは愛情ではありません。相手を自分のモノとして所有したいだけです。また、最近では相手の携帯電話をチェックし、男性のアドレスを勝手に消したりするケースも増えています。その男性が仕事の相手であろうが、兄弟であろうが加害者には関係ありません。

5.すべてを他人のせいにする
 自分の失敗や不満を全て他人のせいにする男性は、いつかその怒りを女性にぶつけるようになります。

6.怒ったときに女性を威嚇する
 怒ったときに、直接殴ったり・蹴ったりはしなくても女性を威圧するような態度を取る男性はかなり危険です。物を投げる、怒鳴る、言葉で脅迫する、非常に顔を近づけるなどの行為をするときは、すぐに逃げ出すべきです。「もう少し様子をみよう」「すぐに機嫌は直るから」というのは、最悪の選択です。時間が経つほどに逃げ出すのは難しくなります。

7.セックスを強要する
 恋人ならあるいは夫婦なら、いつでもセックスをさせて当たり前という男性も危険です。「セックスさせなければ浮気する」と脅しを使って、相手に「捨てられるかもしれない」という不安を与えることで相手を支配しようとします。
 同様に、別れを切り出すと「死んでやる」と脅す加害者もいますが、ほぼ間違いなく口だけの脅しです。本当に自殺する加害者は、まずいません。反対に「別れるなら殺す」と脅してくる加害者は危険度が高いです。

 このような兆候が表れたら注意が必要です。暴力行為や粗暴な態度は「男らしい」のとは違うのです。なお、このような変化があったとき、DV加害者は変わったのは自分ではなく相手の女性だと考えています。自分が間違っているという考えは持っていません。「話せばわかる」は通用しません。



 
 対応地域
埼玉県/越谷市・さいたま市・春日部市・草加市・三郷市・吉川市・松伏町・杉戸町・宮代町・八潮市・川口市・蕨市・戸田市・朝霞市・志木市・新座市・和光市など
東京都/足立区・葛飾区・台東区・江戸川区・荒川区・北区など
千葉県/野田市・流山市・柏市・松戸市・我孫子市など
その他の地域も承りますのでご相談ください。
   


24時間受付:無料

注:携帯メールをご利用の方は、パソコンからの返信が受信できるように設定をしてください。
 
   

Menu

TOPへ戻る 就業規則の作成 労務管理のご相談給与、退職金制度メンタルヘルス社会労働保険の手続き助成金の申請 株式会社等の設立建設業許可申請宅建業許可申請古物商許可申請労働者派遣業登録内容証明・公正証書離婚に関するご相談相続に関するご相談著作権について スマホ用サイトへ

Sub Menu

離婚を考えたら後悔しないために離婚の方法と手続き
慰謝料について財産分与について
養育費について養育費の強制執行子どもの親権・監護者年金分割DVについてDV被害にあったらDV加害者についてDVと子どもの関係離婚後の公的支援離婚協議を有利にする離婚相談Q&A(離婚前)離婚相談Q&A(離婚後)



 行政書士社会保険労務士とは

 行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。
 また、書類の作成だけではなく、それにまつわる身近な法律相談ができる気軽な相談相手です。

 社会保険労務士は、社会保険労務士法に基づく国家資格者で、労働・社会保険
に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです。一般的には社労士、労務士などと呼ばれます。


 社会保険労務士行政書士 宮崎事務所
〒343-0821 埼玉県越谷市瓦曽根2-9-10-102
TEL 048-963-7982  FAX 048-963-7983
E-MAIL: ym4416@cronos.ocn.ne.jp