離婚で後悔しないために
 
離婚について夫婦で十分に話し合いましたか?
 今まで疑っていたことが実は自分の勘違いだったということもあります。まずは、二人でよく話し合ってみましょう。最近では直接会話をせずにメールのやり取りだけで離婚を決めてしまう夫婦もいるようですが、本当にそれでよいのでしょうか?直接相手の話も聴いて、自分の考えも伝えて、それでもダメなら離婚という選択肢を考えるべきだと思います。

離婚理由はどうしても許せないことですか?
 離婚したいと考えた理由はそれぞれ違います。でも、離婚しようと思った理由はそんなに大きなものですか?もしかしたら、ほんの小さなことを大げさに考えているのではありませんか。友達や両親など、身近な誰かに聞いてみてはどうでしょうか。真剣な相談ではなく、「知り合いの○○さんは、実は○○な人らしいんだけどどう思う?」という感じなら聞きやすいのではないでしょうか。

離婚の責任はどちらにあるか考えてみましょう。
 ほとんどの人は、離婚の責任は相手の側にあると考えているのではないでしょうか?。でも、もう一度よく考えてみましょう。人間は他人の欠点にはすぐに気が付いても、自分の欠点にはなかなか気付かないものです。聖書には「あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。」という言葉があります。もう一度、自分が反省するところはないか、よく考えてみましょう。(離婚の条件にも関わってきますので、とても大事なことです)

問題解決のためにできることはありませんか?
 離婚はあくまでも最後の手段です。何とか離婚を回避する方法を考えてみませんか?例えば、「一定期間別居してみる」、「夫婦関係調整の調停を申し立てる」、「共通の知人などに間に入ってもらう」などの方法も考えてみてはどうでしょうか。(ちなみに、別居中の生活費は、婚姻費用の分担ということで相手方に請求することも可能です)
 最終的に離婚を踏みとどまるかの判断材料は、「相手に対して情が残っているか」になると思います。少しでも相手に情が残っているのなら、離婚はせずに関係修復を目指すべきです。ただし、自分だけが悩んで修復を目指してもまた同じことの繰り返しです。不満があるのならばきちんと話し合い、お互いが努力しなければ修復は難しいでしょう。まずは、相手の不満に対して自分が変わることが第一歩です。

両親や子供、友人は協力してくれていますか?
 一人で全てやるのは大変です。ましてや小さな子供を抱えている場合などは、協力してくれる人がいるかどうかはとても重要です。もちろん、当事務所では精一杯のお手伝いはしますが、身近な人からの協力の方がはるかに心強いのではないでしょうか。

でもこんなときは・・・
 最近増えているDV(直接的な暴力だけではなく、嫌がらせやなど精神的な被害も含みます)、子供への虐待などに悩んでいる方は、悩む前に警察又は配偶者暴力相談支援センター(http://www.pref.saitama.lg.jp/site/danjyo-soudanmadoguti/)などに相談してください。
 もし被害にあったら、①暴力を受けた日付、時間、場所、状況、内容(○回平手打ち、○回蹴られたなど)を書き留めておく ②ケガはなくても病院へ行き、診断書をもらっておく ③友人・知人などに証人になってもらう ④アザ・傷などの写真を撮っておく ということを忘れないでください。
 暴力は「そのうちなくなるだろう」という甘い考えは捨てましょう。そう簡単には治りません。すぐに避難することです。「自分にも責任があるのでは」と思ってしまう方もいるようですが、そんなことはありません。どんな理由があっても、男が女に腕力を使うのは卑怯なことです!(もちろん女性の暴力もいけませんが)


離婚すると決めたなら
 それでも離婚を決めたら、現実的なことを考えていきましょう。まず考えなければならないのは、何と言っても「お金」のことです。現在、仕事をしている人は安心かも知れませんが、専業主婦の方はそうはいきません。自分が自由に使えるお金はいくらあるか確認しましょう。また、条件を有利に運ぶために、まず夫婦の財産を全て洗い出しましょう。家・車・家具・貯金・株・生命保険・・・、相手の年金についても調べておきましょう。

最後に
 離婚問題をクリアするのに一番必要なものは、優秀な弁護士でも莫大な財産でもありません。離婚を決意したあなたの頑張りです。一度離婚に向けて動き始めてしまえば、もう後戻りはできません。おそらく周囲には反対する人もいるでしょう。もしかしたら、陰口をたたかれるかも知れません。それでも最後までやり遂げるという意志と、何があっても我慢する忍耐力が一番大事です。



 
 対応地域
埼玉県/越谷市・さいたま市・春日部市・草加市・三郷市・吉川市・松伏町・杉戸町・宮代町・八潮市・川口市・蕨市・戸田市・朝霞市・志木市・新座市・和光市など
東京都/足立区・葛飾区・台東区・江戸川区・荒川区・北区など
千葉県/野田市・流山市・柏市・松戸市・我孫子市など
その他の地域も承りますのでご相談ください。
   


24時間受付:無料

注:携帯メールをご利用の方は、パソコンからの返信が受信できるように設定をしてください。
 
   

Menu

TOPへ戻る 就業規則の作成 労務管理のご相談給与、退職金制度メンタルヘルス社会労働保険の手続き助成金の申請 株式会社等の設立建設業許可申請宅建業許可申請古物商許可申請労働者派遣業登録飲食店営業許可申請内容証明・公正証書離婚に関するご相談相続に関するご相談自動車名義変更著作権について スマホ用サイトへ

Sub Menu

離婚を考えたら後悔しないために離婚の方法と手続き
慰謝料について財産分与について
養育費について養育費の強制執行子どもの親権・監護者年金分割DVについてDV被害にあったらDV加害者についてDVと子どもの関係離婚後の公的支援離婚協議を有利にする離婚相談Q&A(離婚前)離婚相談Q&A(離婚後)



 行政書士社会保険労務士とは

 行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。
 また、書類の作成だけではなく、それにまつわる身近な法律相談ができる気軽な相談相手です。

 社会保険労務士は、社会保険労務士法に基づく国家資格者で、労働・社会保険
に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです。一般的には社労士、労務士などと呼ばれます。


 社会保険労務士行政書士 宮崎事務所
〒343-0821 埼玉県越谷市瓦曽根2-9-10-102
TEL 048-963-7982  FAX 048-963-7983
E-MAIL: ym4416@cronos.ocn.ne.jp