内容証明郵便の作成方法
   内容証明郵便はその形式が決められており、どんな手紙でもいいというわけではありません。内容証明を作成する基本的なルールは以下のとおりです。
①文字数・行数
 
縦書き 1行20字以内、1枚26行以内
 横書き 1行20字以内、1枚26行以内 
     1行13字以内、1枚40行以内
     1行26字以内、1枚20行以内
   
 市販の内容証明用紙は縦書きの原稿用紙タイプが多いのですが、様式は横書きでも構いません。最近では手書きで作成する人も少なくなりましたので、むしろ横書きの方が一般的ともいえます。用紙の大きさに指定はありませんが、自分で作成するにはA4サイズが一般的です。
 なお、文字数についての注意点としては、文中の句読点(、や。など)も1文字として数えます。文末に句読点が食い込むときは、次の文頭に持っていきます。ワープロソフトの禁則処理に注意しましょう。

②記号・アルファベット
 内容証明郵便には、
原則として記号やアルファベットは使用できません。ただし、相手の会社名(例えばJT、JR)や地名などは使用できます。もちろん「ジェイティ」「ジェイアール」と書いても構いません。
 注意が必要なのは①などです。これは「○」と「1」の2文字として数えます。ただし、文章の序列を表す場合には1文字となります。
 「 」や( )の括弧は始めと終わりのセットで1文字です。
 +や%などの一般的な記号も使用できます。

③修正・訂正するには
 作成した文章を訂正したり一部を削除するときは、差出人の訂正印を押して、欄外に「○字削除」などと記載します。ただし、できれば最初から書き直すことをおすすめします。

④2枚以上なら
 内容証明の枚数は何枚でも構いませんが、2枚以上になる場合はホッチキスなどで綴じて、綴り目に契印を押します。

⑤同じ文章を3通作成する
 
相手に送付するもの、自分の控え、郵便局保存用の3通を作成します。郵便局の窓口で自分の控えを返却してもらいます。

⑥宛名・差出人

 
封筒の宛名・差出人と、文書に記載する宛名・差出人は同じにしなければなりません。アパートやマンション名は、封筒と文書の両方に省略せずに記載しておきましょう。
 なお、郵便局へ持参する封筒は封をせずに持って行きます。

⑦その他
ア.印鑑
 差出人の押印はなくても構いませんが、押印がある方が見栄えがします。当方が代理人となって内容証明を作成する場合は、行政書士の職印を押して差し出します。行政書士の職印を押すことで、相手によりプレッシャーをかけることができます。ただし、代理人名ではなく本人の名前で送付した方が良いケースもあります。

イ.資料などの同封はできない
 例えば請求書の写しなどを一緒に送りたい場合は、内容証明郵便とは別に送らなければなりません。その場合、「○月○日、別途資料を郵送しました」という文言を入れておくべきでしょう。


 
 内容証明郵便の文章はどう書く?
   内容証明郵便にどういう文章を書くのかは自由です。しかし、あまりにも稚拙な文章を送っては、自分が恥をかくことになりかねません。
①丁重な時効の挨拶は不要
 余計な前置きは省略して、本文から入りましょう。

②要点を明確にする
 相手に何の用件で内容証明を送ったのかをはっきりと伝えましょう。

③です・ます調で統一する
 決まりごとではありませんが、見栄えは意外と大切です。

④支払期限、履行期限を特定する
 さらに強行手段に訴えることを伝えるのなら、その旨を必ず記載しましょう。

⑤事実関係を十分に調査する
 内容証明に事実と異なる内容を書いては、相手にあげ足を取られたり、自分に不利な証拠になることもあります。十分に事実関係を調べてから送付しましょう



 
   内容証明の料金  
   内容証明郵便を送るには、以下の費用が必要です。 

内容証明を1枚送る場合、通常は合計1,500円前後となります。



 
   当事務所へのご依頼について  
  ご依頼から発送まで
①内容の打ち合わせ(面談・メール・電話・FAXでも可)
②その後、文案を作成し内容のご確認をしていただきます(メール・FAXなど)
③料金のお支払いをお願いします(➀の面談時にお支払)
④入金確認後、直ちに発送します 
※お急ぎの場合は、ご相談ください。


  報 酬 額
内容証明郵便作成(消費税・郵便代等込)  8,000円


 
 対応地域
埼玉県/越谷市・さいたま市・春日部市・草加市・三郷市・吉川市・松伏町・杉戸町・宮代町・八潮市・川口市・蕨市・戸田市・朝霞市・志木市・新座市・和光市など
東京都/足立区・葛飾区・台東区・江戸川区・荒川区・北区など
千葉県/野田市・流山市・柏市・松戸市・我孫子市など
その他の地域も承りますのでご相談ください。
   


24時間受付:無料

注:携帯メールをご利用の方は、パソコンからの返信が受信できるように設定をしてください。
 
   

Menu

TOPへ戻る 就業規則の作成 労務管理のご相談給与、退職金制度メンタルヘルス社会労働保険の手続き助成金の申請 株式会社等の設立建設業許可申請宅建業許可申請古物商許可申請労働者派遣業登録内容証明・公正証書離婚に関するご相談相続に関するご相談著作権について スマホ用サイトへ

Sub Menu

内容証明郵便の基礎内容証明郵便の書き方
クーリングオフ損害賠償・慰謝料請求公正証書







 行政書士社会保険労務士とは

 行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。
 また、書類の作成だけではなく、それにまつわる身近な法律相談ができる気軽な相談相手です。

 社会保険労務士は、社会保険労務士法に基づく国家資格者で、労働・社会保険
に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです。一般的には社労士、労務士などと呼ばれます。


 社会保険労務士行政書士 宮崎事務所
〒343-0821 埼玉県越谷市瓦曽根2-9-10-102
TEL 048-963-7982  FAX 048-963-7983
E-MAIL: ym4416@cronos.ocn.ne.jp